教員紹介
最終更新日/2015-04-28
留学生別科  准教授
とくなが 
徳永 あかね TOKUNAGA Akane
HP:
E-MAIL:
経歴 西南学院大学(学士)
お茶の水女子大学大学院 (修士)

専門分野 日本語教育、社会言語学
主な業績 ◆「在台湾日系企業社員は社内コミュニケーションの問題をどう捉えているか」『日語教学国際会議大会論文集』台湾・東呉大学(2009)
◆「多文化共生社会で期待される母語話者の日本語運用力
−研究の動向と今後の課題について」『神田外語大学紀要』第21号(2009)
◆「接触場面における日本語母語話者の発話習性〜話題管理の男女差に注目した一考察」『AJALT日本語研究誌』第3号 (社)国際日本語普及協会(2007)
◆「留学生の日本語環境でのコンピュータリテラシーに関する一考察〜中国系留学生の英語能力とコンピュータ用語理解より〜」『日本語教育』128号(2006)
◆「コミュニケーション形態がフォリナー・トークに及ぼす影響」『言語文化と日本語教育』28号(2004)
◆「グループ場面における母語話者の言語調整〜International Encounter Groupに見られる特徴〜」『異文化コミュニケーション研究所 共同研究プロジェクト研究成果報告書:留学生支援システム構築のためのInternational Encounter Groupの可能性』(2004)
◆「日本語のフォリナー・トーク研究〜その来歴と課題/Japanese foreigner talk research: Where did it come from? What has it y
主な著書 『日本語でインターアクション Interaction in Japanese』共著※日本語学習者向け教科書
『ICTを活用した外国語教育』吉田晴世他編著、CIEC外国語教育研究部会著 ※第11章 日本語教育とICT 
所属する学会など 日本語教育学会(教師研修委員会委員)・社会言語科学会(企画委員)・お茶の水女子大学言語文化学研究会

*東京Vigotsky研究会(発起人)
現在の研究テーマ
接触場面(Foreigner Talk, 男女差)
ノン・ネイティブ日本語教員養成
近況・雑感
今年の担当科目
日本語インターアクション6 Japanese Interaction Level 6 授業概要 日本語インターアクション6は日本の大学で学ぶ際に必要なアカデミック場面でのインターアクション能力を身につけることを目指す。授業ではピア・ラーニング(恊働学習)の活動を通じて、批判的に情報を分析し、目的に合わせて再構成し、さらに文章や口頭で相手に伝える練習を行う。
 The course goal is for students to acquire interaction competence in an academic context necessary for studying at universities in Japan. In this course, students will learn to analyze information critically, reconstruct ones’ idea according to their objectives and practice communicating verbally and in writing through peer learning activities.
日本語教育入門a,b Introduction to TJFL a,b 授業概要  日本語の初級学習を終えた者(日本語インターアクション4・5・6)で、将来、日本語を教えることに興味がある人を履修対象とする。授業では、「教案作成」「教材作成」「リソース収集」を中心に、母国の学習者を対象とした初級日本語の教え方や教材作りについて学ぶ。 This course is for students who are enrolled in Nihongo Enshu 4, 5, 6 and have interest in teaching Japanese. The course will focus on writing lesson plans, creating teaching materials, and collecting resources. Students will learn how to teach Japanese to beginning level learners studying in students’ respective home countries.
実践日本語3 Japanese in Context Level 3 授業概要 This course aims to assist students to gain Japanese language skills as well as sociolinguistic and social culture knowledge in order to become competent in using Japanese in various situations with native speakers such as inviting friends, making plans, asking for advice, asking for favor, giving explanation in detail, asking for information, and expressing one’s opinion. Students will become familiar with strategies for getting information and ideas in shape and conversing with Japanese people in real situations. 
CLOSE